« 2004年1月 | トップページ | 2004年3月 »

2004年2月

2004.02.22

睡眠過多

先日、「ゴホッ、ゴホッ、」のところで書いたが、風邪をひいてしまった。1週間経つのに、まだのどが痛く、夜寝るときには咳が続く。咳のこともあって、夜眠れなくて困っている。

普段は疲れているので布団に入るとすぐに眠れる。だから、眠れなくて困るようなことは滅多にない。昔から入試などの前日は緊張したが、(本当かどうかは別にして)「布団の中で横になっているだけで十分に疲れは取れるから、たとえ眠れなくても明日の入試には支障ない」と自分自身に言い聞かせた。そうすると、「眠らなければならない」という変な緊張が無くなって、自然に眠れたものだった。学会発表の前などは、発表の準備でそもそも寝る時間がないので、眠らなくて良い。むしろ、「神様、眠らなくて済む体を下さい。」

しかし、ここ数日は風邪を治すために睡眠時間を多くとっているので夜になっても眠たくならない。さらに咳が出るので、余計に眠れなくて困っている。このようなことで困ることは私の場合珍しい。これにはおやすみ乳飲料 nemuも効き目なし。

# だから、深夜に blog

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.19

消費税増税に向けて

4月から、消費税の表示方式が総額表示方式になる。
企業に商品の価格表示で消費税を含んだ支払い総額の表示を義務付けることで、消費者が支払う金額が分かりやすいようにすることが目的らしい。
例えば、「価格2000円 +消費税」とか、「税抜き価格2000円+税100円」という表記は駄目で、「2000円(税込2100円)」といったように、消費税を含んだ総額を表示しなければならないということのようだ。

確かに、このような総額表記だと支払い額が分かりやすくて便利だろう。
しかし、そんなことは15年前に消費税を導入する際にすでに分かっていたし、この15年の間に慣れたしまったことだ。
いまさら、総額表示なんて必要ないだろう。

総額表示を導入すると、総額に注意が向くため、消費税の額にも税率にも関心が薄くなる。
そして、消費税の税率を引き上げても「税負担が大きくなった」と感じるのではなくて、「価格が高くなった」と感じるように仕向けるのが本当の目的でしょ。
消費税増税に向けての準備がすでに始まっているということですな。

きっと、日本政府の方は、「なかなか良い方法を思いついたものだ」と思ってらっしゃるのでしょう。
でも、こんなことに巻き込まれる企業や商店がかわいそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.16

ゴホッ、ゴホッ、

先週の土曜日は春一番で暖かかった。そのため、いつもに比べて薄着だったのだが、大学から帰る時間帯にはそこそこ寒くなっていて体調を崩してしまったみたいだ。
日曜は朝からのどが痛かったものの、一日おとなしく過ごしていたので自分でも体調を崩しているような気はしていなかったが、今日大学へ出てくると体が重く感じる。

人間が体調を崩すのは、寒いときや暑いときというより、寒くなったときや暑くなったときなんだろう。寒さなんて、この前までのほうがずっと寒かったし。
実際、毎年急に気候が変わったなと感じる日には、うちの家に訃報の電話がかかってくることが多い。

あーっ、今日は早めに帰ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.12

クラッシュ

自宅のパソコンが壊れた。

6年前に購入して使い続けていたが、先月からハードディスクの具合が悪くなり、駄目だろうなと
思ってファイルのバックアップをしていたが、とうとう Windows が起動しなくなった。
ハードディスクのMBRが壊れたようだ。

CPUは MMX Pentium 200MHz。そこへ RAMを 256MB積んでいるのでとても処理が遅い。
(当時は64MBを超えるRAMを積むと、2ndキャッシュメモリで書き込みキャッシュが使えなかった。)
それでもインターネットブラウザとXサーバ、文字端末を使う程度なので、起動が遅いことを除けば、
ストレスになるような遅さではなかった。

今でもハードディスクを新しいものと交換すればまだ使えるのだろうが、ちょうど6年使った
ことだし、近いうちに買い換えるとしよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.02.03

節分

節分ということで、大学のそばのスーパーマーケットで巻き寿司と焼いたイワシを手に入れる。
夜、研究室の電子レンジでイワシを温めると、部屋中にイワシのにおいを広げる。
毎年、このにおいで顰蹙を買っているので、今年はあらかじめ窓を開けて通気をよくしておいた。
ごちそうさま。

さあ、これから豆まきしましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年1月 | トップページ | 2004年3月 »