« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »

2004年7月

2004.07.31

インド料理(1)

研究室の学生で、もうすぐインドへ出張に行くのがいるので、みんなでインド料理を食べに行った。
行き先はAJA-KAJA(アジャ カジャ)というところ。
久しぶりに食べたので、おいしかった。

でも、日本人向けにしてあるので、あまり辛くなかったのが残念。
インド料理のおいしさは、あの香辛料の香りだと思うのだが、その香りも弱く感じられた。
今度食べに行くことがあれば、「普通に香辛料を入れてください。」と言うのを忘れないようにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.28

論文

インドの研究所と共同で研究を進めていて、今年に入ってから論文投稿のための準備を進めていた。
何度か電子メールでやりとりをしていて、あとは共著者の了承が得られれば投稿出来る状態になった。
しかし、ここにきて、インド側からの返答が全く無くなり、そのまま20日が過ぎた。
いったいどうなってるんだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.23

温泉

少し前の話になりますが、白骨温泉に入浴剤が入れられていた話題でちょっと感じたこと。

「利用者を欺く態度は許せない」という意見はそのとおりだと思います。
で、本筋から離れてふと感じたのは、風呂ではなくて温泉というところに価値を求めていた人が多いんだなということです。

私は入浴時に温かいお湯になっていれば、水道の水だろうが、湧き出した水だろうが、はじめから温かくても、沸かして温かくてもあまり気にならないです。
もちろん、きれいな水で、塩素臭は無いほうがよいですし、入浴剤か何かが入っていたほうが温まると思います。

そういえば、以前、温泉らしき風呂に行ったときも、「お湯の出所」は全く気にしていなかったので、本当に温泉だったかどうか分かりません。

湧き出した温泉にこだわる理由は何なのでしょう?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »