« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

2004年10月

2004.10.18

テクニカルエンジニア(ネットワーク)

日曜日に情報処理技術者試験の「テクニカルエンジニア(ネットワーク)」というのを受験してみました。コンピュータネットワーク関係の試験です。
合格しても不思議ではない程度には勉強しました。しかし、経験のあるのが研究室レベルのシステムだけで、それ以上の規模のものとは縁が無いので、その辺りが弱いです。もちろん、不合格でも不思議ではない程度にしか勉強していません。

午前 これは大丈夫でしょう。1時間くらい頑張りました。

午後I 問1,2,3 を選択しました。問2,4 がよく分からなかったです。問2の "パッチパネル" を試験終了15分前まで "タッチパネル" と頭の中で誤変換していたので、設問が理解できませんでした。ただ、出題が "パッチパネル" だと気づいたあとも何に使うものかも分からなかったのでダメでした。まあ、適当に答えました。

午後II 問1を選択。最後まで頑張ろうと思ったのですが、さすがに90分くらい経過すると、答案の見直しも一通り終ってすることがなくなり、退出しました。

手応えですが、午後II が比較的よく解けた割に、午後Iの出来が良くなかったように思います。午前、午後I、午後IIそれぞれで合格点をとらなければならないので、午後Iの出来の悪さが影響しそうです。それと、判定基準に用いられている「項目応答理論」というのが良く分かりません。それでも、まあ、なんとなくですが、客観的に考えても合否は五分五分のように思います。

しかし、せっかく勉強するなら、「多分合格するだろう」というレベルまでにしておかないと、中途半端ならもったいなかったかなー。

[追加]
この試験の合格率って 6-8% くらいしかないようです。そんなデータを目にしたことがあったかも知れませんが、気にしていなかったので記憶に無かったです。
合格率で難易度が分かるわけではないですが、甘い試験ではなさそうです。急に自信が無くなって来ました。

まあ、試験は終ったことだし、どうでもいいか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.13

au迷惑メール増加中

以前、携帯電話への迷惑メールで、「auは迷惑メールがほとんど届かない」と書きました。auはメール用ドメインの統合が遅かったためにスパム配信業者からすると使い勝手が悪かったそうです。それと、存在しないアドレスへ送ってもエラーメールを返さないので、どのアドレスが実在するか判別が難しかったのだと思います。

ところが、この記事を書いた直後から迷惑メールが時々届くようになりました。そして、先週末からは1日3通ペースで毎日届きます。

パソコンへのスパムメールも1日10通ほど届いていたので、procmail や@niftyの「迷惑メールフォルダ」でフィルタしたところ週2-3通程度にまで抑えることができました。これくらいの頻度なら気にならないです。しかし、携帯電話宛のメールはそのようなフィルタが使えない。

パソコン宛のメールも優先度の低いメールをフィルタした上で携帯電話へ転送しているので、「なりすまし防止機能」も使えません。送信IP は似通ったところから送信してくるので、これでフィルタをかけれれば良いのですが、そんな機能は無い。Fromは詐称しているので、色々。

ふと、先程試してみたところ、いつの間にか auの存在しないアドレスへメールした場合でも、エラーメールが戻って来るようになっていました。これがスパム急増の理由かも?

メールアドレスを変えてしまうのがいちばんなのでしょう。何か良い対策などないでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウイルスメール

昨日から何通かウイルスメールが送られて来ています。NetSky のようです。

それ自体は珍しくないのですが、その宛先が昔なつかしい NIFTYSERVE のアドレス形式 @niftyserve.or.jp になっている。
しかも、詐称している差出人のアドレスの中には、うちの大学のドメインもある。

多分、私の知っている

5年以上前には私とメールをやりとりしていた
最近は全く連絡をとっていない
現在ODNを使っている
うちの大学の出身者

にあてはまる誰かが、どこかでウイルスに感染しているんだろうなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.12

29才

近所の子どもに「おっちゃん」と言われた。(涙)
そんな年齢なので、覚悟はしていたが....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »