« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004年11月

2004.11.25

着信履歴に119

今日の昼に私の携帯電話にかかってきた電話はちょっと変わっていました。
発信者の番号表示が "119????????" ("?" は伏字) になっていたのです。
どこから、かかってきたんだろう?
でも、かけなおすと消防署につながるんだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.23

第29回宇宙線国際会議

宇宙線国際会議というのが、2年に一度開催される。
次回の開催は2005年の8月で、開催地はインドのプナというところだ。
ウェッブページも出来上がったようだ。ICRC2005というのが公開されている。
議事録用の論文の作成や発表の準備でこれからさらに忙しくなるんだろうな。
ぜひ、また発表したいものだが、旅費やら日程の都合で他の人に代理で発表してもらうことになってしまうかも。
そうなると、ちょっと残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.16

A5505SA

2年以上使い続けた C3001H は故障ということで、機種変更しました。

グローバルパスポート対応にしたかったのですが、高価格高機能の A5505SA と 低価格低機能の A1305SA しかありません。グローバルパスポート+GPS程度のものが欲しかったのに。
悩んだのですが、長期間使い続けるだろうからということで、A5505SA にしました。まあ、多機能のものも一度使ってみたかったということもあります。

で、使ってみた感想ですが、使い込んでいないので、今のところ高機能の恩恵は受けていません。
日本語変換が弱いのはすぐに分かりました。Wnn なので、仕方が無いでしょう。しかしながら、私は普段から Linux 上で FreeWnn を使っているので、変換の癖には慣れています。
でも、このディスプレイ、自然光の下ではほとんど見えない。EZナビウォークに使えるのだろうか?
以前の C3001H の新品を売っていたら、そのほうが良かったかも?
(確かに、C3001H は、CPU処理が遅いことが最大の欠点で、それ以外は良かった。)

まあ、どんなものでも買い換えてすぐは欠点のほうが目に付きやすいものでしょうから、評価するのはもう少し使ってみてからにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.10

C3001H

au の携帯電話 C3001H を使っている。もう、2年以上前の機種である。古いが、必要な機能は揃っていて、使い勝手も良い。CPUが遅いこと以外は不満は無い。

昨日の夕方、ふと気がつくと携帯電話の電源が切れていた。調べてみると、メール受信時に途中で自動的に電源が落ちてしまうことが分かってきた。もちろん、午前中までは、そんな不具合は無かった。

電源が落ちるときは、新着メールの問い合わせ画面が一瞬(1-2秒)固まり、電源が落ちる。通常なら表示される電源OFF時のデモ画面も現れない。携帯電話の構造は知らないので推測だが、メール受信時になぜかCPUがハングしてしまい、ウォッチドッグにリセットされているのではないだろうか?

バッテリが弱ってきたのかと考え、アダプタから電力供給しながらメールを受信しても症状は変わらない。ただ、当り前のことだが、電源が落ちたあとは充電モードになる。

受信メールを他へも転送しているので内容は確認できる。PDFなど5つファイルが添付されたメールだ。特に変わったメールではないが、送信側のメーラが「電信八号」で、MIMEのバウンダリがやけに短い。
メールの受信方式を「全受信」から「差出人・件名」に変更したが、不具合は改善されない。

今まではこのような不具合が無かったことから、携帯電話のFWのバグに引っかかるメールが偶然送られてきたことも考えられる。
しかし、au のサーバー側メールボックスのメールを他から削除出来ないので、確認する術が無い。いつも同じメールを読み出そうとして電源が落ちる。

うーん。電源の落ちてしまう携帯電話に問題があることは間違いないのだが、偶然読み出すメールが悪くて不具合が発症したのか、製品の老朽化で不具合が生じたのかはっきりしない。
肝心の通話機能には今のところ支障はないので、もうしばらく様子を見るつもりだが、買い替えろと言うことだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »