« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006.10.31

創立者記念日

10月30日は、研究所の Founder's Day (創立者記念日) 。
どうやら、創立者の誕生日のようでした。

日本でよくある「創立記念日」のように休日になるのではなくて、研究所内で催しが行われ、家族づれで賑わっていました。
催し物も、大半は、研究所のスタッフらによって行われているようです。


SandartDancingDoramaOrigami_1


写真は左から順に、「砂絵」、「ダンス」、「演劇」、「折り紙」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PIZZA EXPRESS

Pizzaexpress
日曜日は、研究所の食堂が閉まるので、「PIZZA EXPRESS」へ行った。この店は、チャーチゲート(Churchgate)駅から西へ1-2分歩いたところにある。

店に入って気がついたのだが、「ピザとかパスタでも食べながら、お酒を飲みましょう」という感じのところだった。こういうところは、飲まない人間にとっては何となく居心地が悪い。インドでは、お酒を飲むようなところは少な目なので安心してしまっていた。

先週、花火のときにピザを食べたばかりだったので、スパゲティーを注文。結構高くて、700円くらいした。「軟らかい麺は嫌いだ。麺を茹で過ぎるな。」と言っておいた。イタリア人に比べると、日本人の麺の好みは軟らか目らしいが、インド人の好みは十分に茹で上がったものなようだ。パスタの店のスパゲティーでも、チャイニーズレストランのヌードルでも、麺のゆで加減をインド人に任せておくのは、日本人にとっては危険なことだと最近覚った。

さて、調理されて出てきたスパゲティーだが、インド人の好みに比べるとずいぶんと固めなようだ。しかし、もう少し固めのほうが、私の好み。あと、2分程度ゆで時間の短いほうが良かったかも。メニューが異なるので、単純には比較できないが、ソースに関しては、先月に食べに行った 「PRONTO」 というところのほうが、おいしかったように思う。

そういえば、スイスにあるCERNの食堂のスパゲティーは、ゆで加減も、塩加減も上手で、感動するくらいおいしかった。麺が。
そんなことを思い出す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.22

Happy Diwali

Fireworks1

10月21日は、Diwali で祝日になっていました。

Diwali というのは、実は何の日かよく知らないのですが、幸福を祈る新年のお祝いのような感じの日だと思います。まあ、盆と正月が一緒に来たような騒ぎになっていましたし、"Happy Diwali!" って、挨拶していましたから、それほど外れた理解ではないだろうと期待しています。
ベランダや並木などに電球で装飾しているのも見かけるので、盆と正月とクリスマスが一緒に来たような日と言った方が良いかも知れません。

この日は、あちこちで、クラッカーを鳴らしたり、花火を打ち上げたりしてお祝いをしています。
私も20時ごろからマリンドライブのところで花火見物をしていました。

チャーチゲート駅から西へ500mほど進むと消波ブロックで護岸された海岸に出ます。ちょうどここに、ピザリアバスキンロビンス(サーティーワン・アイスクリーム)があります。アイスやピザを食べながら待っていると、徐々に花火の頻度が増えていきます。

この花火、観光局主催でも、宗教団体主催でもないようです。個人で花火を買ってきて、海岸やビルの屋上、道の真ん中で勝手に打ち上げています。やはり、インド人はお金持ちなのです。

花火の種類も、打ち上げ花火、ロケット花火、クラッカーと色々です。線香花火に近い、子供用の花火で楽しんでいる家族も見かけましたが、基本的に音が大きくて賑やかなのが好きなように思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.20

Oscar のインストール2

多数のPCを用いて計算を行う際、インストールの作業やその後のプログラム実行の割り振りなどを手助けしてくれる Oscar という管理システムを導入しようとした。しかし、インストールは一筋縄では進まなかった。で、その続き。

Ganglia というモニタシステムで不具合があるようだった。
"不具合" をたどると、 Ganglia の 動作テスト用スクリプト "test_user" に行き着いた。
この中で、設定ファイルから取得したノードPC数と、Ganglia が取得したノードPC数とを比較している。

その一部分


pattern=`hostname`"|"`perl -e "print join(\"|\",split(\" +\",\"$@\"));"`
hosts=`gstat --all | egrep -c "^($pattern)$"`

どうも、この記述がおかしい。
詳しい説明は省略するが、以下のように変更して、Ganglia が把握しているノードPC数を数えさせるようにした。

pattern=`dnsdomainname` hosts=`gstat --all | egrep -c "($pattern)$"`

どうやら、これで"不具合"は解決した。
本当は、システムに不具合があったわけではなく、チェックプログラムの不具合だったのだろう。たぶん。

いよいよ、ジョブの投入。"qsub" というコマンドを用いる。使い方は、"batch" コマンドに似ているが、qsub は複数のPCを扱うだけあって、いろいろなパラメタが指定できる。

ところが、複数のジョブを投入すると、なぜか1つずつしか動かない。8台(+1台)もPCがあるというのに。

"qstat" や "pbsnodes -a" などで状態を確認しながら進めたところ、「1つのジョブを8台のPCで並列計算させようとしているのでは」という疑いが出てきた。何も確証はないのだが、そう考えると振る舞いと辻褄が合いそうだった。8CPUを占有していながら、実行させているプログラムが並列計算用でないので、1つのCPUでしか走らないのだ。

qsub のマニュアルを読んでみると、"qsub -l nodes=X" として実行すると、X台のPCを確保するらしい。ただ、マニュアルでは、「何も指定しない場合は、X を 1 だとみなす」と書かれている。普通そうだろう。
しかし、ここはとりあえず、"qsub -l nodes=1" と明記して実行してみた。

解決。

とりあえず、これでどんどんと計算を走らせることが出来そう。
近いうちに、2CORE x 2CPU x 8PC のPCクラスターも導入予定なので、そのときにも Oscar は活躍するだろう。


ただ、この Oscar というシステム、シロウトには扱いが難しい気がする。
(素人は使わないから良いのか)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.19

ATMカード

銀行口座開設時にATMカードの申請もしたのだが、3週間待っても何も連絡が無い。銀行に問い合わせてみると、「まず、郵便で暗証番号が送付される。」と言われた。通常、何週間くらいかかるものかたずねても、「分からない」と言うだけだった。

そろそろ暗証番号が送られてきても良いのにと思いながら、ふと、不安が頭をよぎる。私は、カード申請時に2か所の住所を記入した。1つは "Mailing Address" で、これはオフィスにしておいた。もう1つは "Permanent Address" で、これにはアパートの住所を記入した。当然、郵便物は "Mailing Address" に届くものだと思っていたが、"Permanent Address" 宛てに届くものなのかもしれない。私は日中アパートにはいないし、アパートには郵便受けはない。

急いで、日中の連絡先(オフィスと携帯の電話番号)を書いた貼紙をアパートの扉にはりつけ、同じものをゲートのセキュリティにも渡しておいた。その日の夜、セキュリティから、「届いていたよ」と封筒を渡される。やっぱり。
セキュリティでの受け取り印は3日前の日付だった。他からも郵便があるかも知れないのだから、もっと早く対応しておくべきだった。

翌日、無事、ATMカードを入手。給料の受け取りも研究所で手続きをして、銀行振り込みにした。これで、銀行の窓口へ行くことはほとんどなくなるはず。

このATMカードなのだが、Maestro(デビットカード) と Cirrus(国際キャッシュカード) の機能が付いていた。
法律や規則、手数料の面で妥当な方法かどうかは知らないが、場合によっては、日本へ帰国時に口座を残しておき、日本で買い物に使うことも出来そうだ。

「インドを離れるが、給料の振込みは来月」なんてことは、実際にありそうに思える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.15

バスのチケット

Busticket1

バスの乗車券です。

バスに乗った後で、車掌から乗車券を買います。
行き先別に金額が異なるので、購入時に行き先を告げる必要があるのですが、バス停の名前なんて知らないので、そんなときは適当に遠いバス停の名前を言っています。「終点」とか言うわけです。

金額ごとに乗車券の色が異なっていて、日付(*1)のところに鋏を入れてから渡してくれます。
時々、バス停のところに不正乗車の監視係がいて、バスから降りると、「乗車券を見せろ」と言ってくることがあるかもしれません。

この乗車券、金額と日付が書かれているのですが、数字はアラビア数字ではなくてマラティ(ムンバイのあるマハラシュトラ州の公用語)で書かれています。
数字くらい読めるだろうと思って、油断してはいけません。私は以前、3番の路線のバスに乗ろうとして、間違って別の路線のバスに乗ってしまったことがあります。多分、1番のバスに乗ってしまったのでしょう。
アラビア数字とはあまり似ていません。

Busticketval

それでも、ムンバイは、バスの頭に「路線番号+行き先(マラティ語)」の表示があるし、側面では、英語で行き先表示が出ている場合があります。そういう点で親切。
路線番号の表示は無い、行き先表示はタミール語(タミルナド州の公用語)のみの場合もありました。
そうなると、とりあえずやってきたバスに飛び乗って、車掌に行き先を尋ねるしかないわけです。


*1 番号が1から26までしかないので、日付ではないようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.10.12

Oscar のインストール1

そこそこ規模の大きな計算をする際、当然1台のPCでは間に合わず、複数台用意して計算することになる。
用いるPCの台数が増えてくると、インストールの手間が増え、計算をさせる際にも、手の空いているPCを把握してプログラムの実行を割り振るのが厄介になってくる。で、今回は、1台(サーバ)+8台(ノード)を管理するお話。

多数のPCを用いて計算を行う際の手間を軽減させるために、Oscar という管理システムを用いた。これは、インストールの作業やその後のプログラム実行の割り振りなどを手助けしてくれるもので、無料で用いることが出来る。9台のPCのために、わざわざそのような管理プログラムが必要なのかというと、微妙なところ。無くても何とかなるが、あるととても便利だと思う。それに、これ以上PCの台数が増えると、Oscarのような管理システムは必須となるだろう。

Oscar 以外にも、同様のソフトはいくつかあると思う。Condor というのを使ったことがあるが、これはジョブ制御の機能だけだったかも知れない???
その中で、Oscar を選んだ理由は、単に前任者が中途半端にインストールしていったというだけである。

その前任者の中途半端なセットアップは、1-2日かけて調べたが不具合の原因が分からず、結局 Oscar を再インストールすることにした。Oscar のインストール自体はマニュアル通りで、それほど難しくは無いのだが、私の利用目的に合わせていくつか追加でプログラムをインストールさせたり、ノードPCのディスクを他と共有させたりする設定をしていると1日かかってしまった。

それでも、1日がかりで動くようになればよいが、インストールチェックをさせると、Ganglia という各PCをモニターするためのプログラムが正常に働いていないとエラーが出た。
エラーメッセージで指摘されている gmond は稼動しているのを確認したし、ネットワークも特に問題ないはず。

原因は、まだ分からない。とりあえず、今日は寝る。

Client nodes: node1.localdomain node2.localdomain node3.localdomain node4.localdomain node5.localdomain node6.localdomain node7.localdomain node8.localdomain Match pattern: cl.localdomain| Number of hosts matched: 3 Gstat output: CLUSTER INFORMATION Name: OSCAR Cluster Hosts: 9 Gexec Hosts: 0 Dead Hosts: 0 Localtime: Thu Oct 12 01:44:20 2006

CLUSTER HOSTS
Hostname LOAD CPU Gexec
CPUs (Procs/Total) [ 1, 5, 15min] [ User, Nice, System, Idle]

node8.localdomain
1 ( 0/ 49) [ 0.00, 0.00, 0.00] [ 13.9, 0.0, 2.2, 78.4] OFF
node7.localdomain
1 ( 0/ 45) [ 0.00, 0.00, 0.00] [ 1.3, 0.0, 0.6, 97.6] OFF
node6.localdomain
1 ( 2/ 51) [ 0.00, 0.01, 0.00] [ 1.2, 50.5, 40.2, 0.0] OFF
node4.localdomain
1 ( 0/ 44) [ 0.00, 0.07, 0.05] [ 1.2, 0.0, 0.7, 94.6] OFF
node3.localdomain
1 ( 0/ 55) [ 0.00, 0.02, 0.02] [ 1.3, 0.0, 0.6, 94.4] OFF
node2.localdomain
1 ( 0/ 55) [ 0.00, 0.01, 0.01] [ 1.2, 0.0, 0.6, 92.1] OFF
node1.localdomain
1 ( 0/ 55) [ 0.00, 0.00, 0.00] [ 1.4, 0.0, 0.5, 94.3] OFF
cl.localdomain
2 ( 1/ 184) [ 1.02, 1.04, 1.06] [ 52.4, 0.0, 0.8, 45.3] OFF
node5.localdomain
1 ( 0/ 45) [ 0.04, 0.09, 0.04] [ 1.3, 0.0, 0.6, 95.7] OFF

The number of nodes expected is different from the number of nodes detected.
Check to see if gmond is running on all your nodes and make sure that you
are not having any network issues.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.11

KEKからのお客さん

高エネルギー加速器研究機構(KEK)は、日本の加速器実験の中心となっているところで、世界でも重要な研究拠点の一つです。

日本とインドとの共同研究を一層活性化させるために、その重要な役職の方々が、インドの研究所を何か所か訪問されているそうです。研究の規模が巨大化している中で、国際共同研究、国際協力体制が重要になっているのだと思います。これは、多くの分野でも共通することでしょう。
(私の研究グループは技術者を含めても20人程度とかなり小規模ですが。)

そして、今回、私のいる研究所へもいらっしゃいました。
「まさか、こんなところで日本人に会うとは!(しかも、物理の研究者)」と、お互いが思ったことでしょう。

Kek_suzuki

これを機会に KEK とも交流が深まっていくかもしれないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インドで散髪

髪の毛も伸びてきたことなので、理髪店に行った。
ぶらぶら歩いて5か所見つけたが、どこにしようか迷うところ。

その中で、いちばん無難そうなところにした。

Barbershop

で、前髪を真っ直ぐにそろえられてしまった。
髪の毛をすいてもらいたかったが、英語で説明するのも面倒だし、英語で説明しても通じるか分からないので、あきらめた。そもそも、日本でも、理髪店で髪型を注文するのが面倒なので、「いつも通りで」で、済ませている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.09

ダイエット中のはずですが

インドへ来て、今回は太ってきているように思います。
さあ、ダイエットだ!と思っているのですが、ついついこんなところを見つけると、味見に入ってしまいます

Baskin31robbins

今日は、マンゴーアイスを食べました。

マンゴーは好物なのですが、私が今回インドへ着いたときには、マンゴーのシーズンは終わってしまっていました。
がっかり。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

アパートから見える景色

アパートから海が見えます。海岸線が弧を描いているので、向こう側にムンバイの街が見えます。
左側は、アラビア海(?)。夜景もきれいなのですが、私にはうまくデジカメでとることが出来ません。
Mumbai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

携帯電話買いました(T290i)

携帯電話を購入した。Sony EricssonT290i という機種だ。
といっても、もちろん、インドでの話

Mobile

インドへ着いてしばらくは、auグローバルパスポートと、Skype とをしばらく使っていた。

しかし、グローバルパスポートは、通話料が高いうえに、研究所での電波状態が悪く、1日でバッテリが空になってしまった。それに、Skype は外出時には使えない。

携帯電話が生活に必須というわけでもないのでが、日本の習慣の惰性もあり、周りのスタッフも全員持っているということもあり、そんなわけで、インドで携帯電話を購入することにした。

機種選択では、以下のことを考えて選んだ。

低機能でよいので、安い機種
付属の充電アダプタが、100-240V に対応していくと

こちらのモバイルショップで店員に聞きながら調べたところでは、Sony Ericsson のほとんどの機種は100-240Vの電圧に対応していそうだった。それと、トライバンド(900MHz, 1800MHz, 1900MHz)の機種も対応しているのが多そう。トライバンドの機種は、やはり価格が高いので、Sony Ericsson の T290i にした。2年前に発売のもので、GSM(900MHz, 1800MHz)だ。価格はおよそ9000円。

機種購入と、通信会社との契約は別なので、別途MTNLSIMカードを購入。インドを去るときに解約手続きをサボれるように、プリペイドのものにした。

こちらでは、機種を購入してしまえば、あとの料金はとても安い。私が選んだのは、900ルピー(約2300円)で1年間着信可能で、内585ルピー(約1500円)分通話可。ローカル1分1.5ルピー(約4円)/分、日本への国際電話10ルピー(約26円)/分。

折角なので、Skype への着信も、応答が無い場合に私の携帯へ転送するようにした。

私は、SkypeIn というサービスも使っていて、日本の 050 電話番号で Skype に着信できる。日本の携帯電話への呼び出しを、直接インドの携帯電話へ転送すると転送通話料が高くつくが、一旦、050 の SkypeIn へ転送し、そこからインドの携帯電話へ転送させてみた。こちらの方法では、音声の劣化や遅延は大きくなるだろうが、転送通話料は大幅に安くなる。

使い始めて1週間も経っていないので、使い勝手についてはこれからだが、今のところ Skype への呼び出しが携帯電話へ転送されてくるばかりだ。あっ、誰にも新しい携帯電話の番号を教えていないので、当たり前か。

そのうち、日本の携帯電話が不要になってきそうだ。解約については、もうしばらく様子を見てから考えよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.01

KABHI ALVIDA NAA KEHNA

C.S.T.駅から 1-2km 南にある "Regal Cinema" で映画を観てきた。
"KABHI ALVIDA NAA KEHNA" というインド映画で、ウェッブで調べてみると、「さよならは言わないで」とう意味らしい。

ニューヨーク在住の上流階級のインド人達のお話。そのため、基本的に(多分)ヒンディー語だが、何割かは英語で会話している。
以前、DVDで見た "KAL HO NAA HO"は、英語字幕付きで見たが、今回は字幕もなし。もちろん、私はヒンディー語なんて全く分からない。英語も半分くらい聞き取れてないかも。そんな状態で映画を観た。

ヒンディー語が分からないので、誤解しているところもあるかもしれないが、"互いにそれぞれのパートナーと時々感情的なすれ違いの生じている男女が、励ましあっているうちに不倫に発展"というストーリー。前半はゆっくりと話が流れていき、結末もあまりスッキリしない。一応、ハッピーエンドのはずなのだろうが、バッドエンドに思える。この映画に込められているメッセージはよく分からなかったが、映画を観終わった後、感じたことは、「浮気は駄目」ということだった。"歌って、踊って"も少なかったので、3時間以上ある映画はちょっと苦痛だった。

ただ、肝心のヒンディー語が分からずに、この映画を批評するのは、そもそも無理な話だ。出来れば、せめて英語字幕付きでもう一度見直してみたいものだ。不可解だったことの理由が納得できるかも知れない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »