« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006.12.30

冬の学校

3週間ほど出張に行っていました。
といっても、出張先はインドで、出張から帰ってきてもインドにいる状態です。

出張先で、大学生や大学院生向けに、宇宙線関係の講義や実験の授業を行う 「冬の学校 "Winter School on AstroParticle Physics" 」 というのがあって、これに参加していました。教える側で。

参加する学生は、修士課程や博士課程1年生の大学院生が大半でした。こちらでは、博士課程に入ってから所属研究室分けを行うそうで、修士課程では「物理の大学院生」という分類にしかなっていないようです。冬の学校に参加していた博士課程の1年生も「コース分けは来年の3月」と言っていました。研究の経験としては、インドの博士課程の1年生は、日本の修士課程の1年生程度に対応するのかも知れません。確か、年齢的には、インドの博士課程1年生は、日本の修士課程2年生に対応したと思います。

以前、修士課程修了直前で、博士課程では宇宙線の研究を希望しているインドの学生に、「最近の論文でどんなの読んだ?」と質問しても返答が無かったので、そんなものなのでしょう。そのとき、私は修士課程1年生。

授業は8日間あり、毎日午前中は講義、午後は実験でした。
私は、参加する学生のおよその学力を主催者側に聞き、それにあわせて授業のプレゼンを作ったつもりなのですが、他の方の講義ではレベルの高いものが多かったです。学会のプレゼン以上のスピードで進んでいくものもありました。それでも、それなりに学生たちは講義についてきていたようで、質問の時間には、的確な質問が多く出ていました。

一方、午後の実験は、私が大学の1-3年生で行ったようなものばかり。しかも、みんな議論好きで、それに熱心な反面、測定などのほうは幾分イイカゲンな感じがしました。多分、日本に比べると、大学での実験の機会が少ないのでしょう。断っておきますが、教える側も、学生側も真剣に実験の授業に取り組んではいました。

Wapp01Wapp02Wapp03

Wapp04Wapp05Wapp06

Wapp07Wapp08Wapp09

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.23

クリスマス? 年末?

えっ、12月23日?

もうすぐ、クリスマス?
忘年会?
年末?
お正月?
そもそも、年賀状は?

インドにいると、全くそんな気がしない。
町は普段と変わらない。

まあ、毎年、世間は年末だとか、正月だとか言っているのを横目に、寂しく大学へ通っていたわけです。
それが、今回は12月31日も、1月1日も、いつも通り。良くなったのか、悪くなったのか。

現在、国内(インド)出張中。2007年の元旦はムンバイで迎えることになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.09

ムンバイマラソン2007(3)

インド人のおなかは丸い。

男性のおなかは、ボールでも抱かえているかのようにポッコリとしていることがある。
女性も腰のところにたっぷりと脂肪がありそうだ。
もちろん、やせている人も多く、個人差は大きいが。

最近の生活は、アパートと研究所との往復の毎日。

アパートと、研究所、道を挟んだ反対側。
平日は1日に5000-6000歩くらいしか歩かない。日本にいたときの約半分。

       や ば い

そう感じたのが、10月半ばだった。

研究所内にあるジムへ通うか、ジョギングをするか考えたが、ジムを使うにはレクリエーションセンターに登録する必要があり面倒だった。とりあえず、ジョギングから始めてみたのが10月の下旬だった。
そして、モチベーションを持続させるために、1月に行われるムンバイマラソンに参加を決意したのだった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »