« 国際会議(5) 最高エネルギー宇宙線 | トップページ | 国際会議(7) プレゼン »

2007.07.27

国際会議(6) チチェン・イツァー

8日は日曜日で、会議は休み。チチェン・イツァーへ見学に行った。
メリダからバスで高速道路を走り、2時間以上かかったと思う。

そういえば、メキシコの自動車は、とても静かに走る。カンクンで乗ったコレクティーボ(乗り合いタクシー)は、道路を滑るように走り、ほとんど振動しなかった。バスは若干揺れるものの、それでも静かだ。
「すごいなー」と思っていたが、よく考えてみれば、インドのタクシーやバスの乗り心地が悪いだけの気がしてきた。日本と比べれば、こんなものだろう。日本へ帰ったときに、とても静かに走る(インド比)電車に感動しないように注意しよう。

マヤ文明のピラミッド、エルカスティージョ(写真1)。しかし、墓ではなくて宮殿らしい。写真に写っているのと反対側の面は、階段の石がかなりくずれてしまっていた。以前は神殿内部へ入れたらしいが、昨年くらいから禁止になったらしい。残念。
球戯場、千本柱の神殿、聖なる泉(写真2)を見てまわる。

やはり暑い。聖なる泉にある売店に着いたときには、「とりあえず、冷たいもの」という気分だった。で、アイスクリームを食べる。

ピラミッドのような建造物は、他にもあるのだが、「いちばん大きいのを一つみれば、それで十分」という気分になってきた。天文台(写真3)は、確かに天文台のように見える。

あちこちで、土産物が売られていて、木彫りのものが "1USD" と言っていた。つまり、120円くらいか。それは安い。大きいものはもう少し高いのかも知れないが、小さなものは本当にそのくらいの価格で売られているようだった。しかし、私はあまり好きではないので買わなかった。

ElcastilloCenotesagradoElcaracol

|

« 国際会議(5) 最高エネルギー宇宙線 | トップページ | 国際会議(7) プレゼン »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1418/15899031

この記事へのトラックバック一覧です: 国際会議(6) チチェン・イツァー:

« 国際会議(5) 最高エネルギー宇宙線 | トップページ | 国際会議(7) プレゼン »