« 国際会議(7) プレゼン | トップページ | 東京マラソン2008 (1) »

2007.07.30

国際会議(8) インドへ帰国

私が会議の後半(10,11日)に会場に姿を見せなかったため、「会議を抜け出して、カンクンへ泳ぎに行った」と思った方もいるかも知れない。しかし、実際は、2日間ホテルで寝ていた。青い空とも広い海とも無関係だった。
最終日は、各セッションの重要な内容をまとめた報告がある。これは、是非聞きたかったのに、残念だ。

9日深夜。そろそろ日付が10日に変わるころから激しい下痢と嘔吐。食中毒
原因は、さっき食べたアイスクリームなのか、5日前に食べたタコスなのか、見当がつかない。
この後、丸2日間、1-3時間おきにトイレにかけこむことになった。

しかし、発熱は36-37℃程度で、日中にホテル近くのコンビニへ買い物に行くくらいは出来た。意識がはっきりしているというのは心強い。

ホテルで寝ながら、「この症状はコレラに似ているよな」と感じる。コレラの知識があるわけではなく、何年か前に読んだマンガからの知識なので当てにはならないかも知れない。そもそも、メリダでコレラが流行しているかどうかも知らない。ただの食中毒かも知れないのだが、「何か"名のある"食中毒だろう」と感じるほど、ひどい下痢が続いたのだ。
とりあえず、脱水症状を恐れて水を飲み続ける。電解質が不足しそうなので、スポーツドリンクも飲む。食べ物を受け付けないので、フルーツジュースを飲む。

11日には、ヨーグルト、桃缶と進み、少量のサンドイッチは食べることが出来た。
まだ体調は良くないものの、なんとか帰途につける程度には回復したと判断し、当初の予定通り11日の夜にメリダを出発した。途中で症状が悪化しないか不安だった。

カンクンでは、"HOOTERS" や "Haagen-Dazs" を見つけたが、こんな体調だと、どちらにも興味無し。

幸い、症状は徐々に回復するほうへ向かい、フランクフルトの空港では、1年ぶりにハーゲンダッツアイスクリームを食べることが出来た。商品のラインアップは日本と異なり、甘ったるそうなものが並ぶ。"マカデミアナッツ" を食べたかったのだが、"マカデミア・キャラメル" しかなく、あきらめてそれにした。

この空港では、なぜかセキュリティチェックをしないと思っていたら、搭乗時刻近くになって急に始めた。しかも、7割程度のところで、時間が無くなったのか、チェックを止めてしまった。大丈夫なのだろうか?

ムンバイのアパートには、予定通り14日の午前3時に無事到着。そして、目が覚めたら午後3時だった。

Haagendazs

|

« 国際会議(7) プレゼン | トップページ | 東京マラソン2008 (1) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1418/15922332

この記事へのトラックバック一覧です: 国際会議(8) インドへ帰国:

» ★【オーストラリア】クリスピーワッフルクッキー [スイーツファン]
★世界の名品(スウィーツ、銘酒、民芸品)を【送料込】で直送!★【オーストラリア】クリスピー ワッフルクッキー6箱... ●マカデミアナッツの風味を生かして焼き上げたサクサクとしたワッフルクッキー。生クリームやジャムをトッピングしても一味違った美味しさをお楽しみいただけます。 こちらもポチっと応援してね! ... [続きを読む]

受信: 2007.08.05 11:34

« 国際会議(7) プレゼン | トップページ | 東京マラソン2008 (1) »