« ヒンディー語 | トップページ | ダージリン(2) 日本山妙法寺 »

2008.01.11

ダージリン(1) 研究会

12月中旬に、インドのダージリンで研究会があった。
ダージリンといえばすぐに紅茶が思い浮かぶが、それ以外にはあまり知らない。インドのどこにあるのかもよく知らなかった。

ムンバイから飛行機でコルカタへ行き、バグドグラ行きのに乗り換える。バグドグラの空港からは自動車でさらに2時間半。ダージリンに着く。場所は、ネパールとの国境近くになる。

ダージリンは寒かった。そして、町のどこからでも、世界第三位の標高のカンチェンジュンガがきれいに見えた。

研究会はボース研究所(本キャンパスはコルカタ)で、17、18日の2日間の日程で行われた。
私も30分ほどプレゼンをしたのだが、準備不足でなかなかうまく英語が出てこなかった。

それにしても、ダージリンの夜は早い。そもそも、インド標準子午線から東に位置するため、17時を過ぎると暗くなる。そして、20時を過ぎると店がどんどんと閉まっていく。ムンバイなら深夜2時ごろまで営業している "Caffee Day" も20:30で閉店。さらに、「政治的な理由で、22時以降は出歩いちゃ駄目」と言われた。政治的というよりは防犯的な理由らしいが、これでは夜間外出禁止令じゃないか。

BoseinstituteDarjeelingworkshop


|

« ヒンディー語 | トップページ | ダージリン(2) 日本山妙法寺 »

大学・研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1418/17646133

この記事へのトラックバック一覧です: ダージリン(1) 研究会:

« ヒンディー語 | トップページ | ダージリン(2) 日本山妙法寺 »