ゲーム

2009.07.11

ドラゴンクエストIX

今日、11日は、「ドラゴンクエストIX」の発売日らしい。

今まで、ドラゴンクエストのシリーズは、1作目はクリア。3作目は挫折。
それ以外はプレイしたことすらなかった。

ところが、今回は、つい買ってしまった。
ニンテンドーDSも持ってないので、DSi もいっしょだ。

携帯ゲーム機で出来るというところに、惹かれたように思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.07

Rogue

Rogue というRPGがある。洞窟の地下20階(?)よりも深くにある、イェンダーの魔除けを探し出し、地上へ持ち帰るのが目的。このゲームは、ASCII キャラクタでマップを視覚的に表現するのが特徴だ。

Rogue

@ は主人公で、* は金塊、E, K, I は敵だ。大学生のころは、時々こんなゲームで遊んでいたのだが、さすがに最近は全くしない。

先日、ゲームの雑談をしていたときに、ふと、Rogue のことを話したが、やはり相手は知らなかった。

懐かしくなって久しぶりに遊んでみたが、キー割り当てやキャラクタの意味など、ほとんど忘れてしまっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.19

ニンテンドーDS

ゲームはもちろん、電子辞書としても使えそうなので、ニンテンドーDSを購入しようと思っている。ゲームソフトは別として、ゲーム機を買おうと思うことは滅多にない。もし、買えば、私にとってはゲームウォッチ以来の出来事になるように思う。

しかし、残念なことに、市場での流通量が少なく、入手できていない。時々、楽天やトイザらス・オンラインショッピングで探しているが、通常の価格の入手は難しい。まあ、無いと困るわけでもないので、あまり探し回る気は無いが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.26

真・三國無双4

真・三國無双4を買いました。
まだ、2時間ほど遊んだだけなので、長所も短所もあまり見えてきていませんが、爽快感はよいので、色々短所が見えてきても許せるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.11

PS2修理

PS2
昨年末に、自宅の PlayStation2(PS2) (1つ目の写真)が故障して、使えなくなっていた。
PS2で、メモリカードの内容は扱えるのだが、ゲームをすることも映画も観ることも出来なかった。
DVDドライブと、その周辺の不具合のようだ。
昨日、やっと時間が取れたので、修理を試みた。
修理といっても、私には大した技術は無いので、「ちょっとしたことが原因なら直る」という程度だ。

修理をすると、本体の封印をはがすので、以後、メーカーに修理は依頼できない。
しかし、保証期間は過ぎており、有償修理だと 10000円以上かかるらしい

以下、自己責任で、PS2を分解した。
uncover
まずは、本体のふたを開けてみる。(2つ目の写真)
右側がDVDドライブ、左側がCPU上部のヒートシンク。
左下に見えるのが、コントローラとメモリカードのコネクタ部。
封印をはがしたので、もう、後戻りは出来ない。
でも、元には戻せるように、注意深く分解
「組み立てたら、ネジが一本あまった」というのは、漫画の世界だけではなくて、現実によくある話だろう。

DVDのモータはそれらしく回るし、レーザも光っている。
ヘッドも上下に動く。
動径方向の移動が正常かは分かりにくいが、DVDを読み出す再に、移動用のモータがヘッドを中心に移動させて、ヘッドの位置を確認するような動作をするので、多分大丈夫なのだろう。
あちこちに、OA機器用のエアクリーナで空気を吹きかけ、埃をはらう。
症状は変わらない。

さらに、分解を続ける。
DVDdrive
DVDを取り外し、目視で破損箇所が無いか確認する。(3つ目の写真)
こんな方法では、DVDのコントローラ用ICなどが壊れていても見つからない。
しかし、目に見える故障というのも多い。PS2にそのまま当てはまるかどうかは分からないが、よく見ると、バネが外れていたり、プラスティックの部品が割れていたり、3端子レギュレータやチップ抵抗がが焦げていたり、電解コンデンサーの頭が膨らんでいたりしていることがある。はじめから無理だとあきらめずに、じっくり見てみること
トレーの出入りは正常なので、多分大丈夫なのだが、面白そうなので、トレーを手で出し入れしてみる。
その仕組みに感心する。

MB
一応、メインボードも目視で確認。(4つ目の写真)
特に、コンデンサが壊れていないかチェック。
難しい故障ならあきらめるしかないので、DVDドライブが働かなくなる原因のうち、簡単に直せるものを想像しながら進める
ショート、配線の切断。
表面実装のチップ類。

目視では変わった様子もない。
仕方がないので、再び組み立て。
repaired
そして、再び電源を入れてみると、ちゃんとゲームが動くようになっていた。(5つ目の写真)
結局どこが悪かったのか分からないが、多分、DVDのドライブとメインボートとの接続部分が接触不良を起こしていたのではないかと想像している。
「ぼくの夏休み2」を動かしているところ。

最後に、コントローラやメモリカードの動作チェック。
一旦、内部の接続を外しているので、新たに不具合の生じている可能性もある。
幸い、正常に働く。

ここまで、約150分かかった。
このような作業を「修理」とは言いにくいかもしれない。
しかし、故障といっても、大半は些細なことが原因で、今回のように接触不良であれば、外して付け直すだけで動くようになることもある。運良く直るとは限らないが、壊れてしまったものでも、「だめもと」でふたを開けてみることも大切かもしれない
ただし、直るどころか、元の形にさえ戻らなくなることもあるので、覚悟の上、自己責任で分解するように。
壊れたものとはいえ、外装すら無茶苦茶になると悲しいものだ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)