旅行・地域

2010.05.05

日光東照宮

Nikko

昨日、ぶらりと日光へ行ってみた。



電車で2時間半。昼食後に家を出たので、東武日光の駅に着いたのは3時半ごろ。
それでも、最寄駅から2回乗り換えるだけなので近く感じた。
そこから、歩いてしまい、しかも遠回りだったので、東照宮に着いたのは4時ごろだった。



Utsunomiya_2

帰りに宇都宮によって餃子を食べた。

こちらのほうが今日の目的だったかも知れない。

満足。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.13

神岡出張

Kamioka

神岡へ出張に行った。
Super-Kも見学できた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.30

インドとお別れ

ムンバイ空港で搭乗が始まるのを待ってます。
インドともお別れです。
寒い日本へ帰ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.27

ルピーの両替

そろそろインドを離れる日が近づいてきた。
手元のインドルピーは、どうしようか?

(1) 日本へ持ち帰って、次にインドへ行く人と両替

(2) キャッシュカードが Maestro や Cirrus と提携しているので、日本でも使えるだろう

(3) インドで、日本円か米ドルに両替

私の場合は、周りにインドへ行く人がいるので、(1) の方法が使える。ただし、聞いた話では、インドからのルピーの持ち出しは原則禁止らしい。あまり、気にしたことはないが。

(2) のキャッシュカードについては、日本でどの程度使えるのか、本当に使えるのか分からないし、手数料などについても知らない。夏に帰国したときに使えるのか試しておけば良かったと後悔。

とりあえず、(3)を試してみることにしよう。

以前、インドの銀行でインドルピーから米ドルや円に両替するときは、通常、円やドルからルピーに両替したときに「両替証明書」の提出を求められる。ただ、今回はルピーを給料から得ているので、両替証明書は無い。ルピーの入手方法を示すために、給料の明細書などをかばんに忍ばせて両替所へ向かった。

この日の為替レートは、以下のようになっていた。

[2008年1月25日]
1USD = 107.59JPY
1USD = 39.32INR
1INR = 2.73JPY

今回、ルピーを両替したのは、銀行ではなく、"Cash Point"と書かれたところ。Regal Cinema から、Colaba Causeway(Shahid Bhagat Singh Road) に沿って南に6ブロック(200-300m)ほど進んだところにある。

この日の両替レートは以下のようになっていた。

1USD -> INR 38.40

40.50INR ->1USD

100JPY -> INR 35.20

どうやら、円からルピーには両替できるが、ルピーから円には出来ないようだった。300ドル分の両替を頼んだが、パスポートや両替証明書の提示を求められることも無く、12150ルピーを渡して300ドルを受け取ることが出来た。ただし、今回の両替証明書は発行されなかった。(頼めば発行してもらえたかも知れない。)

Cashpoint

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.21

ゾウに乗る

ダージリンでの冬の学校終了後、ムンバイに帰らず、直接ウーティーへ出張。

研究所の高エネルギー物理学部門を、インド国内外の専門家数人に評価してもらうらしい。そこで、実験設備のあるウーティーへも彼らを招き、我々の実験装置や研究結果を見せるわけだ。私も、これまでの研究結果について、彼らの前でプレゼンを行った。

一方、他の実験の候補地見学を兼ねた観光の日もあった。
レフェリー達は、午前中に候補地見学へ行っており、昼食の際に彼らと合流。ムドゥマライ動物保護区へ向かう。
目的はエレファントライド

ゾウだよ!

本当にゾウだよ!

ゾウに、重そうな座席を取り付け、そこに観光客4人、ドライバー(?)1人が乗り込む。本当に、力持ちだ。ゾウって。
本当に、こんなに乗っても大丈夫なのか、ちょっと不安に感じた。

私は、ゾウの上から、もう一組の写真を撮っていたが、ゾウが歩くとゆれるので、なかなかうまく写真が取れなかった。

ゾウに乗って、林の中をぐるっと1周散策。野生のシカやクジャク、ワシらしき鳥などを見かけた。

ゾウは力持ちとはいえ、さすがに歩くのが嫌なようで、なかなか進まない。実は、後ろからもう1人着いてきていて、さっさとゾウを歩かせるように、後ろから追っている。

ウーティーには何度も来ているのだが、エレファントライドは初めて。貴重な経験が出来た。

Elephantride1Elephantride2Elephantride3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.19

コルカタ

飛行機の乗り継ぎで時間があったため、コルカタ(旧カルカッタ)の空港近くを散策した。

コルカタに着いて驚いたのは、その大気汚染だ。飛行機が着陸するときには、既に視界が曇っていた。町を歩いていても、空は曇っていて、目やのどが痛くなってくる。

今まで、バイクを使った小さなタクシー「オートリクシャー」は見ることがあったし、何度か使ったこともある。しかし、コルカタでは、自転車を用いた「サイクルリクシャー」も交通手段として用いられていた。(普通にタクシーもある。)

もう少し田舎へ行くと、人が引っ張る「リクシャー」も現役の交通手段らしい。これは、本当に人力車だ。

コルカタでは、スイーツが有名と聞き、さっそくスイーツショップへ。1つの店に100種類近いスイーツが並んでいる。形や色やトッピングが異なるだけのものもあるが、それでもかなりの種類だと思う。味は、ココナツ系のものが多い。

適当に何種類か頼んで味見をする。もちろん、「味見」のも後で代金を支払うのだが、1つ10円から20円程度がほとんどだったので、気軽に何種類か頼んで味見が出来る。「味見」のスイーツは、葉っぱで作られた使い捨ての容器に入っていた。地球にやさしいかもしれない。

KolkatacyclerikusyaKolkatasweetsshopKolkatasweets


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.01.17

ダージリン(6) マカイバリ茶園

ダージリンから帰る日、運転手に「帰りに茶園へ連れて行って」と頼み、連れて来られたのが、ここマカイバリ茶園

「あっ、ここの(正確には日本代理店の)ブログって、見たことがある!」

ダージリンの紅茶は、6-10月ごろが生産のシーズンのようで、その時期は過ぎてしまっていた。紅茶工場は稼動していなかったが、工場を見学させてもらった。

が、説明がヒンディー語だったので、私にはさっぱり分からなかった。
(他の同行者がインド人だったため、ヒンディーを使ったのだと思われる。)

Darjeelingmakaibari


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.15

ダージリン(4) タイガーヒル

カンチェンジュンガ(8586m)を見るために、未明にタイガーヒルへ行った。

さすがにダージリンの見どころの1つだけあって、大勢の観光客がいた。

待っていると、徐々に明るくなってくる。ちょうど月齢が満月に近かったこともあり、東側の空が徐々に白んでくるころに、西側へ月が沈んでいった。北西には朝日に輝くカンチェンジュンガが見える。

ここからは、エベレスト(8848m)も見えた(下段右側の写真で左側の山)。

TigerhilltouristsTigerhillsunrise

TigerhillkangchenjungaTigerhilleverest

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.12

ダージリン(2) 日本山妙法寺

研究所から15分ほど歩いたところに「日本山妙法寺」があった。

「南無妙法蓮華経」と書かれているので、日蓮宗か何かのお寺なのだろう。

このお寺の獅子狛犬を見たときには、不自然さを感じた。「これじゃ、ライオンだろう」と思ったのだが、よく考えれば、獅子狛犬のオリジナルはライオンだったのだろう。インドでは、これで良いのかも知れない。

MyohojiMyohojimonumentMyohojibuddha

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.26

ダージリン出張中!

実は、16日からインドのダージリンに来ています。
寒い。

あまり、気軽にインターネットに接続できる状況ではないので、ダージリンの記事を書くのは、ムンバイへ帰ってからになるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)